グアムの交通と運転

グアムの交通と運転

グアムの交通と運転

グアム滞在中の移動や楽しいドライブのために

グアムには鉄道がないため、主要交通手段は自動車です。
ショッピング・センターやホテル間を巡回するシャトルバスやオプショナルツアーが提供する送迎バスや、タクシー、レンタカーを上手に使い分けるようにしましょう。

グアムの交通と運転

歩道を歩く際の注意

  • 常に車の流れと逆方向に歩きましょう。
  • 夜間は安全のため2人以上で行動し、人通りの多い場所や、明るい場所を歩きましょう。
  • 道路を横断する際には信号のある横断歩道を利用しましょう。
  • 押しボタン式信号の場合、人が歩いている表示であれば横断できます。
    点滅している場合は、間もなく赤信号になるサインです。素早く渡りましょう。
    手の形の表示の場合は赤信号を意味し、横断はできません。
  • 交差点で信号を渡る時は、右折車に注意しましょう。

シャトルバス

タモン、タムニング、ハガニア(アガニア)エリアなどを結ぶシャトルバスが走っています。 また、ショッピングポイントを結ぶシャトルバスも頻繁に運行していますので、ホテル街を中心に、タモン、タムニング、ハガニア(アガニア)エリアを中心に行動する場合、不便を感じることはほとんどないでしょう。

シャトルバスのチケットはホテル内ツアーデスク、グアム空港内、ショッピングセンター設置のチケットブ-スで販売しています。事前にチケットがなくても、乗車時にドライバ-からも購入できます。


グアムでの運転

運転する際のルールと注意点

グアムでは車は左ハンドルで右側通行。ウインカーやワイパーの位置も日本の車とは逆についています。

スピードはマイルで表示され1マイルは約1.6kmで、制限速度は市街地で時速15マイル~25マイル(約24km~40km)程度、郊外で時速35マイル(約56km)です。制限速度の標識に注意を払い、遵守しましょう。

2012年3月末から運転中の携帯電話の使用が禁止されています。日本と同じようにハンズフリーでの利用や緊急時に警察や消防などに連絡、安全な場所に駐車しての利用は法律で認められています。違反者は100米ドル以上の罰金となりますので注意してください。

運転中のシートベルトの着用は日本同様に義務付けられています。ただしチャイルドシートのルールについては日本よりも細かく以下のように決められているので遵守してください。

  • 新生児~1才(または体重20パウンド / 約9キロまで):後部座席にて後方に向けて設置
  • 1~4才(または体重20~40パウンド / 約9~18キロまで):後部座席にて前方に向けて設置
  • 4~8才(または体重40パウンド / 約18キロ以上):後部座席にて座面のみのブースターシートを使用
  • 4~11才で身長4フィート9インチ(約145センチ)以下:ブースターシートを使用
  • 8才以上で身長4フィート9インチ(約145センチ)以上:後部座席でシートベルトを使用

※違反した場合、初犯で100米ドル以下、再犯(1年以内)で200米ドル以下の罰金があります。

35マイル

スクールバス

スクールバスが停車した際には、追い越してはいけません。後続車もスクールバスが動くまで後ろで停車して待たなければなりません。さらに対向車線も停車しなくてはいけません。このルールは片側3車線のような広い道路でも変わりません。停止せずに追い越したりすると交通違反で罰金となります。

schoolbus
schoolbus

STOP のサインがこのように開いている時は、停車して待ちましょう

schoolbus

信号のない交差点

信号のない交差点では交差点に先に着いた車が優先となります。右折優先や直進優先などルールはありませんのご注意ください。


右折

「NO(RIGHT)TURN ON RED」の標識がある場合を除いて、赤信号でも一時停止をすれば右折ができます。右折が可能な時でも横断歩道には歩行者がいますので、気をつけて右折しましょう。

NO RIGHT TURN ON RED

広い道路の中央に黄色の線で挟まれた車線

この車線は左折、またはUターンする車が一旦入り一時停止した後に左折又はUターンをする車線です。走行車線ではないので、この車線を直進して走る事は大変危険です。左折する際は左折専用の信号があるか確認し、左折専用の信号がある場合は直進が青であっても左折用信号が青になるまでは左折してはいけません。


グアムの道路

グアムの道路の一部にはサンゴを混ぜた道路があり、雨の日は大変滑りやすくなっているので安全運転で走行しましょう。


グアム特有のマナー

日本では信号待ちでヘッドライトを消す方がいますが、グアムでは絶対にやってはいけません。交通違反となります。


ガソリンの入れ方

ガソリンの種類は以下のように様々ありますが、ほとんどのガソリンスタンドは「Regular」、「Plus/Super」、「Super/Premium」の3つが取り扱われています。
レンタカーを借りてガソリンを入れる場合は基本的に「Regular(レギュラー)」です。
ガソリンスタンドによっては「Unleaded(アンレディット)・Extra」や「Unleaded Plus(アンレディットプラス)/Supreme」と表記されています。

gusstation
現金で入れる場合
STEP 1

ガソリンスタンドにはセルフサービスとフルサービスの給油機ラインに分かれています。日本と同じようにセルフサービスのほうが値段はお得です。どちらか選んだら、給油機の横に車をつけてエンジンを切ります。
セルフサービスの場合、シェル(Shell)の場合、給油機に「Shell Serve」と記載されていたらセルフサービスで、「Full Serve」と記載されていたらフルサービスです。

STEP 2

キャッシャーに行き給油機の番号とガソリンの種類を伝えてデポジット(前金)を支払います。言い方は5番の給油機でレギュラーを10米ドル分入れたい場合は「Number Five. Regular Ten dollars please(ナンバーファイブ レギュラーテンダラーズプリーズ)」と言います。5番の給油機でレギュラーを満タン入れたい場合は「Number Five. Regular Full it Up Please(ナンバーファイブ レギュラーフィルイットアッププリーズ)」と言いいます。給油機の番号、ガソリンの種類、ガソリンを入れる量を伝えたら給油機に戻ります。

gusstation
STEP 3

給油機に戻り給油口のキャップを外し、ポンプのノズルを持ち上げロックを解除する為に「Regular」のボタンを押す。(ボタンではなくポンプノズルの土台のレバーを上に上げてロックを解除するタイプもあります)

gusstation
STEP 4

ノズルを給油口に差し込みグリップを握ると給油が始まります。払った金額分または満タンになった時点でカチッと音がなり給油がストップします。カチッっと音がなったらノズルを戻して給油キャップを閉めます。(ポンプノズルの土台のレバーを上に上げてロックを解除するタイプの場合は土台を下に下げてポンプノズルを元に戻します)

gusstation
STEP 5

キャッシャーに行き給油機の番号を伝えて精算します。最初に支払った前金から差し引いたおつりを貰って給油完了です。


飲酒運転

飲酒運転により検挙された場合、少なくとも2日間の拘留及び1,000米ドルの罰金のほか、その他の罰金刑が科される場合もあります。


車上荒らし

レンタカーを狙った車上荒らしが発生しており(特にビーチ、公園の公共駐車場など)、現金やパスポート、携帯電話などの貴重品が被害に遭っていま す。路上や駐車場に車を止める際は、周囲に不審な人・車がいないか注意して下さい。車内にもトランクにも貴重品は置いていかないようにしましょう。


Copyright © 2016 · Alupang Beach Club

もくじ